配属志望の皆さん

研究室の活動


博士課程の学生を中心に勉強会を開催しています。パワーエレクトロニクスに関する論文を輪講したり、洋書を使って高度なモータ制御について理解したり、マイコンの使い方を教わったりしています。授業とは別に研究に必要な知識をここで身につけています。


研究の進捗を週1回話し合って、来週行うことを決めていきます。研究で困ったことがあっても、1週間に1回このような場で疑問を解消することができるので、円滑に研究を進めることができます。


1ヶ月に1回、全体の前で研究の進捗および成果をパワーポイントを用いて発表します。学会発表に必要なプレゼンテーションのスキルをここで身につけていきます。また発表だけでなく、学生同士で質疑応答やアドバイスをし合って、お互いを高めています。


実験室は平木研,七戸研共用で使っています。実験に必要な回路やコイル,トランスなどを製作しています。実験機材も充実しており,円滑に実験を進めることができます。当研究室では高電圧・大電流を扱うため,常に注意を払いながら実験を進めています。

スタッフの紹介

平木英治 教授

1988年に大阪大学基礎工学部電気工学科卒業。1990年,大阪大学大学院基礎工学研究科(電気系)博士前期課程修了。工学博士(大阪大学)。1990年よりマツダ株式会社にて電気自動車の研究・開発に従事した後,1995年に山口大学工学部助手に着任。同大学助教を経て,2007年に准教授に就任。2013年より岡山大学大学院自然科学研究科教授に赴任し,現在に至る。主として,パワーエレクトロニクスおよびエネルギーエレクトロニクスに関する研究に従事。

七戸希 准教授

1998年3月に名古屋工業大学工学部電気情報工学科卒業。2002年3月,名古屋工業大学大学院工学研究科電気情報工学専攻博士後期課程を早期修了。日本学術振興会特別研究員として従事後,2002年12月,岡山大学に助手として着任。同大学助教を経て,2013年11月より准教授,現在に至る。主として,単相高温超電導変圧器を用いた小型・軽量・高効率の交流大電流電源の開発,有効電力法による超電導コイルの常電導転移検出・保護システムの開発などの研究に従事。博士(工学)
詳しくはこちらを参照。

梅谷和弘 助教

2007年3月に京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程を卒業(その時の専門は,大気力学)。趣味の電気工作が高じて、2007年4月より株式会社東芝に入社。モバイルオーディオ製品の開発・量産設計の技術者として現場の最前線で働く。2008年9月,株式会社デンソー基礎研究にて自動車用エレクトロニクスや生産設備の研究に従事。2014年3月,島根大学大学院総合理工学研究科博士後期課程に入学。2014年10月,岡山大学工学部電気通信系学科の助教に赴任。2015年9月,島根大学大学院総合理工学研究科博士後期課程を卒業し,現在に至る。 主として高周波誘導加熱,スイッチング電源回路の小型・高効率化,モータドライブ,放熱板,磁気部品の小型・高効率化,スイッチング電源の高応答安定制御,非接触給電,直流遮断機などの研究に従事し、複数の企業との共同研究を行っている。博士(人間・環境学)および博士(工学)。